「抜く」は皮膚の一部をちぎることに

肌の露出が増える季節になると気になる、わきや手脚などの「ムダ毛」。のばしたままにはなかなかできないので、やむを得ないのですが、ムダ毛処理はどうしても肌に負担をかけてしまうと心得てからおこないましょう。

特にカミソリなどで「剃る」よりも、毛抜きなどで「抜く」ほうが、肌へのダメージは大きくなります。というのも、抜くという方法では、皮膚の一部をちぎることになるからです。

毛は、毛根にある毛母細胞の分裂によって成長します。毛母細胞は、まわりにある血管から酸素や栄養をもらって、細胞分裂を繰り返します。つまり、毛根自体は生きているのです。

ムダ毛を抜くと、この生きた組織を引き裂くことになるので、当然痛みをともないます。目には見えませんが、毛穴の奥で多少の出血もしています。これを繰り返していると、毛穴が炎症を起こして膿んだり、その炎症の痕がシミになったりと、さまざまな肌トラブルが起きてしまいます。

まずは、各除毛方法の長所、短所を理解したうえで、無理のない方法を選んでください。また、除毛のルールを守っておこなえば、肌ダメージを最小限に抑えることができます。ちなみに、除毛の方法は、電気カミソリ、安全カミソリの剃る方法と、毛抜き、テープ、ワックス、家庭用脱毛器の抜く方法があります。

アリシアクリニックは勧誘もないし、医療レーザーなのに痛みもそんなにないし、本当に行ってみる価値あり!のクリニックです。契約してもレーザー脱毛界の中ではダントツの永久脱毛 最安値のコストパフォーマンスなのです。

カテゴリー: 美容 タグ: パーマリンク