ヒアルロン酸とコラーゲンの関係

人間の体は、ヒアルロン酸とコラーゲンが不足すると不都合が出てくるものです。
では、ヒアルロン酸とコラーゲンにはどのような作用があるのでしょうか。
コラーゲンとヒアルロン酸は、似た働きを持つ成分ですが、互いに代わりをつとめることはできません。
ヒアルロン酸を摂取するとき、体内に一定量のコラーゲンが存在していないと効果は半減します。
また、コラーゲンが不足しているときは、良質のヒアルロン酸を摂取しても維持することができません。
どちらか一方だけ補っても、肌の張りや潤いにはほとんど変化はないでしょう。
コラーゲンは、肌のみずみずしさや潤いを守る役割を持っていますが、その役割はヒアルロン酸の保湿力あってこそ発揮されるのです。
肌に潤いがなく、しわやシミが増えたとき、ヒアルロン酸だけ摂取するのではなくコラーゲンも同時に摂取しましょう。
美容に効果があるといわれているサプリメントの多くは、ドリンクや粉末でコラーゲンとヒアルロン酸が同時に摂取できるようになっています。
プチ整形におけるしわ治療には、ヒアルロン酸やコラーゲンの注入という施術があります。
ハリがなくたるみが目立つ肌にヒアルロン酸やコラーゲンを注射することで、皮膚を持ち上げてしわを改善するのがこの施術の内容です。

カテゴリー: 美容 タグ: , パーマリンク