化粧品で悪化するにきび

化粧品で悪化するニキビがあるのをご存知でしょうか。
にきびは、ホルモンバランスが崩れることが原因でできることが多いのですが、化粧品がにきびを悪化させていることがよくあります。特にファンデーションには注意が必要です。
ファンデーションは、肌表面に塗ることで毛穴を隠し、肌をきれいに見せてくれます。
それは逆に、ファンデーションで毛穴を埋めているということです。
リキッドファンデーションには強い成分が含まれているので、肌にニキビやトラブルがあるときにはできるだけ使わないほうが良いでしょう。
どうしてもメイクをしないといけない場合には、にきびがある部分にファンデーションを乗せないようにして刺激を与えないようにしましょう。
また、古い化粧品がニキビを悪化させることもあります。化粧品は古くなると品質が劣化して肌に悪影響を与えることがあります。消費期限などはほとんどの場合記載されていませんが、何年も前の化粧品を直接肌に乗せるのは避けたほうが良いでしょう。
保存料無添加などの低刺激をセールスポイントにしている化粧品は、雑菌が繁殖しやすいというメリットがありますが、保存料がニキビを悪化させることもあります。
本気でニキビを治すためには、思い切って一度化粧をやめることや、使っていた化粧品をすべて変えるというのも一つの方法です。体質や肌質が変わって、昔から使っている化粧品が合わなくなることもあるので注意しましょう。

カテゴリー: 美容 パーマリンク