シミ取りとその原因

スキンケアや肌トラブルについて特集した雑誌などで特に関心を集めているのは、シミ取りに関する記事だそうです。できてしまったシミをなんとしても消したいと願う女性はとても多いといいます。
シミ取りに関する記事やブログなどを見かける機会が多いということは、それだけ多くの人がシミ取りについて興味と関心を持っているあらわれです。
シミは、顔や腕など目立つ部分にできやすいせいもあるでしょう。顔にひとつでもシミがあると、見た目年齢全体が老けて見えるので、性別を問わず気にする人は多いですよね。
シミはどうしてできるのでしょうか。太陽光に含まれる紫外線を浴びると、肌は紫外線に対抗するためシミの元となるメラニン色素を大量に作りだします。
太陽光から肌を守るメラニン色素は、黒い色をしています。
役割を終えたメラニン色素は、通常肌のターンオーバーによって剥がれ落ちていくのですが、肌の乾燥や加齢などの原因でターンオーバーのサイクルが乱れるとメラニン色素が肌に残ってしまいます。
これが、シミなのです。シミを取る方法は、シミの種類や濃さ、大きさによって異なります。
レーザー治療でのシミ取りは、肝班という種類のシミを活性化させることがあるので、肝斑の場合は別の方法が適しています。
レーザー治療が効果的なのは、老人性色素班という加齢によるシミだけで、女性の目元などにできたシミは跡形もなくキレイに取ることができるそうです。

カテゴリー: 美容 パーマリンク