調停が不成立の場合、残された手段は裁判離婚のみ

調停が終了するのは、調停が成立したときとは限りません。調停の場に当事者が出頭しない場合には調停不成立として事件は終了しますが、それ以外にもいくら話し合っても当事者間で合意が成立する見込みがない場合も調停は不成立のまま終わります。

これでいくと「問題は未解決、離婚はできないまま」ですが、調停不成立の措置には不服の申立てはできません。離婚するために残された手段は「裁判離婚のみということになります。ただし例外的に審判離婚があります。

裁判離婚の訴えを起こすには「調停不調調書」が必要ですから、書記官に交付申請しておきましょう。

ところで、場合によっては、一方からの調停の申立てがあったことがきっかけとなって、当事者間で話し合いが持たれ「協議離婚しよう」という合意が調停以外で得られることもあります。

こうした場合を考慮して、申立人は調停手続きが終了するまでの間なら、何回調停をした後であっても、いつでも自由に申立てを取り下げることができるようになっています。

また、協議離婚を前提としなくても、いくら調停をしても無駄だとの判断から調停申立を取り下げることもできます。取下は、相手方の同意は必要なく、取下書を提出するだけです。

 

カテゴリー: 日記 タグ: パーマリンク