転職に有利な女性と不利な女性

男性と肩を並べて仕事をする女性は、男女雇用機会均等法が制定されて以来、増加傾向にあります。
しかし、男性と比較すると女性の場合、転職や就職が難しい面があるのは事実です。
女性の中でも、転職に有利な女性と不利な女性がいるといいます。
不景気の関係もあって就職や転職はどの年代にとっても苦しい状況です。
リストラなどで退職した場合は、有力な資格やキャリアがないと転職はかなり困難となるでしょう。
女性は出産や子育てで仕事を辞めることになる場合もあり、残業や毎日フルタイムでの勤務が難しいこともあるでしょう。そのため、小さな子どもがいる女性は就職や転職に不利であると言わざるを得ません。
子育てまっただ中の主婦は、子供の行事や家族を優先した休みの取り方をするので、経営者側としては採用を避けたい部分もあるかもしれません。
キャリアを積んだ女性が転職を希望する場合も、企業側が男性社員とのバランスを考慮するため、処遇が良くないということがあるようです。
しかし、介護や育児など、女性の活躍に期待する業種は確実にあります。そういった方面に絞れば思いのほか早く就職や転職が決まることもあります。
女性の転職は、専門分野ほど有利に働く傾向にあります。資格の取得やパートから始めてコツコツと実務経験を積むのも良いと思います。

カテゴリー: 日記 パーマリンク