銀行系キャッシングのメリット

銀行系の金融機関でキャッシングの申し込みをする場合、その銀行で口座を開設する必要があります。
近年、カードローンに銀行系キャッシングを含むことがあるので両者を混同する人が多いようです。
キャッシングもカードローンも、内容的には同じで、個人を対象とする小口の融資のことを指します。
銀行系キャッシングのメリットは、他の金融機関より低金利で借り入れができることです。
大きな資本を持つ銀行の後ろ盾によって、銀行系キャッシングの経営は安定しているので、その分ノンバンクよりも低金利で融資ができるのです。
ネット系の銀行の場合は特に、キャッシングに力を入れていることもあり、かなりの低金利でキャッシングが利用できるケースがあります。
ネットだけでキャッシングの申込みができる流れも一般化しています。
家から一歩も出ずに、キャッシングの申し込みから融資までが完結するのです。
窓口に出向く必要があった時代よりはるかに身近にキャッシングサービスが利用できるようになりました。
また、銀行系キャッシングは貸金業規制法による総量規制の対象外であるという点も特長です。
ノンバンク系の場合は、年収の1/3を超える金額は借り入れることはできません。銀行系ローンであれば、別途相談に乗ってもらうことも可能です。
審査が不安な人は、まずは銀行系の金融機関を当たりましょう。銀応系で断られた場合に、ノンバンク系のキャッシングを利用した方が返済額が少なく済むのでお得というのが一般的な見解です。

カテゴリー: 日記 パーマリンク