ダイエットの停滞期とストレス

ダイエットのストレスは停滞期に集中します。ダイエットはもともとストレスとの戦いです。思った通りに体重が減っていったり、順調に痩せているという実感が得られないと、普段おこなっていない食事制限や有酸素運動が続くはずもありません。
だれもが、短期間で一気に痩せる方法を求めています。
健康を維持したママダイエットを成功させるには、停滞期を経ながら徐々に体重を減らしていくことが求められます。
停滞期には個人差がありますが、約2週間~1ヶ月ほど続くといわれています。停滞期に体重が減らないのは、ダイエット中最大のストレスです。
しかし、あせらず同じことを続けていたら必ず停滞期は終わります。
平常心でダイエットを続けましょう。
減量期と停滞期が交互に訪れるのは正しいダイエットの証拠なのです。、停滞期は階段の踊り場のようなもので、いつまでも続くわけではありません。
食べてないのに痩せない、努力しているのに痩せない、という停滞期が来ると、努力することがバカバカしく思えてダイエットに挫折してしまうことがよくあります。
停滞期のたびにストレスを溜めて過食に走っていては、どんなダイエットも成功しません。
停滞期の仕組みを理解して、体重が減らない時期に心に余裕を持つことができれば、きちんと乗り越えてまた体重が減り始める時期が訪れるでしょう。

カテゴリー: ダイエット パーマリンク