激やせダイエットの弊害

最近は痩せている人がスタイルが良いという価値観が一般的になっているため、健康面でいえばまったく太っていない人でも痩せようと努力しています。
ダイエットをしたらキレイになれる、痩せさえすれば彼氏ができる、と盲目的に細い体が良いと信じている人も多いようです。
体重を減らすために過激なダイエットに取り組んだ結果、激やせして健康を損なってしまったという人もいるくらいです。
かなり肥満の人でない限り、激やせをすると体に多大な負担がかかり、時には命にかかわることもあるのです。
食べてもそれを体の外に出してしまえば太らないと、下剤を常用する人もいます。下剤の過度な使用は排泄リズムを乱し、腸のコンディションを悪くしてしまいます。何日も便秘が続いている場合、時には下剤を使用するのも効果的ですが、便秘の改善は便の元となる食事を改善することです。
激やせのために下剤を大量服用するのは、腸を痛めるだけなので絶対やめましょう。
健康を損ねたり、標準体重を大幅に下回ってもまだ足りず、激やせするためにダイエットを継続した結果、拒食症など摂食障害の症状を引き起こすこともあります。激やせするためにダイエットをするのではなく、無駄な体脂肪を減らして美容と健康への意識を高めることを目的としているのが本来のダイエットのあるべき姿です。

カテゴリー: ダイエット パーマリンク