有効求人倍率と景況感

有効求人倍率は、厚生労働省が発表する数字であるため、厚生労働省のホームページでも確認することができます。
有効求人倍率は、失業率と並び、労働市場の代表的な需要指標として用いられています。倍率が1よりも大きければ、求職者1人に対して少なくとも1つ以上の雇用口があるということになります。その逆に、有効求人倍率が1より小さいと、求職者に1人に対して求人数は1件に満たない就職難であることを示しています。
失業率が景気に対して遅れぎみに数字に表れることに対し、有効求人倍率は景気の状況と一致する指標とされているものです。経済動静が効果的に見極めできるので、有効求人倍率は注目されています。毎日新聞や経済分析誌では有効求人倍率が広く使われているようです。アメリカでは、雇用統計が投資活動に重要な経済指標として広く使用されています。日本では、有効求人倍率を経済指標として用いているのです。日本でも、バブル経済期の頃は1.4を越える月もありましたが、平成11年以降は過去最低を更新しています。
近年では、有効求人倍率が0.5を割り込む月もあるほど減少しているのが現状です。有効求人倍率の低下に対応するように失業率も悪化してて、近年の雇用環境がいかに厳しいかを知ることができます。

カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク